本文へスキップ

中部エリア CHUBU AREA

国宝 瑞龍寺

所在地:富山県高岡市関本町35

烏枢沙摩明王像

 夜には見事なライトアップがされることで有名な国宝瑞龍寺。ここに安置されている烏瑟沙摩明王の像はヒノキで部分別につくって合わせた高さ141cmの、右足1本で立つ像です。
 その足もとに、猪の頭をした小さな人物がひざまずいています。右手に矛を持ち、冠や光背に炎をつけた恐い姿です。衣服にはきれいな彩色があったことがその痕跡で明らか。
 足元にいる猪頭天は、イノシシの頭と人間の体を持っていますが、この猪頭天には耳がありません。一説によれば、ネズミにかじられて耳がなくなってしまったとのこと。どこかで聞いたことのあるような話ですね。ひょっとするとあのネコ型ロボットのルーツはここからきているのかも?
 この明王は、あらゆる汚れをきれいにしてしまう不思議な力を持つというので、昔はトイレに安置されていました。今は、一つの建物の本尊としてまつられ、また、膝のツボに灸をそえる「ひとつやいと」の本尊でもあります。鎌倉時代につくられた変わった仏像として珍しいもので、国内最大級の像は必見です。


瑞龍寺ホームページへ


秋葉総本殿可睡斎

所在地:静岡県袋井市久能2915-1

可睡斎 画像は可睡斎の御真殿です。
 可睡斎は戦前より水洗トイレで、当時の建築の粋を極めた見事なものです。日本で最も古い水洗トイレとも言われています。便器や床は掃除が行き届いており、男女兼用です。
 この東司に祀られている烏枢沙摩明王は、高村晴雲の一大傑作であり、日本一大きなご尊像(大きさは三メートル)が安置されていることでも知られています。
 思わず見上げてしまうこの像は、腕が四本で左手は天を指し、髑髏を持ち、右手は宝棒と独鈷を持っています。

可睡斎ホームページへ

明徳寺

所在地:静岡県伊豆市市山234-1

 ご神体が鎮座する便所に跨ぎお祈りする「おまたぎ」、自然木の男女性器を撫でる「おさすり」は、年老いても下の世話にならないようにと健康と幸福を祈ります。境内はごく普通のお寺ですが、トイレの横にもうひとつのトイレ「東司」があり、ご神体が祀られている神聖なトイレです。
 お守りには便所に祀るお札、身体につけるお守り、下着類などを「お守り」として販売しています。ズロース、ブリーフ、パンツのほかに、「越中褌(えっちゅうふんどし)」も販売していて、ご朱印の入った褌は、霊験あらたかだと言われています。伊豆3大奇祭のひとつとして東司(便所)の守護神、鳥彗沙魔明王の祭典が毎年8月29日に行われます。
 「トイレの神様」を歌う植村花菜さんは、明徳寺で曲のヒット祈願して絵馬を奉納したそうです。


宝雲山明星院来振寺

所在地:岐阜県揖斐郡大野町大字稲富397-1

烏枢沙摩明王 国指定重要文化財の絹本著色五大尊図の絹本著色五大尊像(2004指定:奈良国立博物館に寄託中)があります。
 五体尊とは不動(ふどう)・降三世(ごうざんぜ)・軍荼利(ぐんだり)・大威徳(だいいとく)・烏蒭沙魔(うすさま)の五大明王の総称で、如来が憤怒の姿をとって化身したものです。来振寺の五大尊は五幅すべてが揃っていることや、多くの脇侍や死者を配した構図が珍しいです。
 彩色がよく残り、截金や金銀泥を使用した技巧にすぐれています。記年銘のある「平安仏画」の数少ない例として貴重であり、重要文化財に指定されてから三十年を経た二〇〇四年に国宝に格上げとなりました。同寺大師堂に複写があり、正月、節分に公開されます。

宝雲山明星院来振寺ホームページへ

岩戸山 正蔵寺

所在地:愛知県岡崎市岩戸町字大久後3

 室町時代に作られたと見られる木造烏枢沙摩明王立像は昭和47年7月5日に市の指定文化財になっています。
 当地方では、産婦は33日または35日間、川の橋を渡ることや宮参りが禁止された。また、産婦の井戸の使用とか川の洗濯は七夜まで禁止、産後に洗髪はいけないと言われ、いずれも水神に対する産後の忌みが要請されています
 東司に祀られ、下の病気をしないようにというより、産の不浄を除くという意味合いが強い烏枢沙摩明王です。

光明寺

所在地:愛知県知多郡南知多町豊浜鳥居37-2

 烏枢沙摩明王は東司に主に祀られる神様ですが、ここの烏瑟沙摩明王像は屋外に祀られています。このような形で祀られるのは大変珍しいです。
 また、ひしゃくで水をかけられるようになっています。仏像の足下にはタワシが設置されており、おそらく体を洗うことができるものだと思われます。
 光明寺さんには、この烏枢沙摩明王のほかにもたくさんの像や絵などがあります。

祥雲寺

所在地:静岡県沼津市今沢307

 祥雲寺さんの東司は、まるでそこだけピカピカに磨かれているかのような空気を放つ綺麗な建物です。おそらく建物自体は比較的新しいのでしょう。
 東司の中に入ると便座があり、その便座に座るとちょうど烏枢沙摩明王を拝めるような形になっています。真言なども張り出されています。
 また、祥雲寺さんではお札・祈祷札の販売も行っておられるそうです。

祥雲寺ホームページへ

全国各地で烏枢沙摩明王を祀っている寺社の一部を紹介します。
また、情報は随時追加されます。皆さまからの情報もお待ちしております。
色ごとに分けられたエリアをクリックでその地方の情報が表示されます。

日本地図


株式会社 CDL

〒933-0813
富山県高岡市下伏間江331 DACビル

TEL 0766-28-5050
FAX 0766-28-5051

HP http://www.cdl.jp/
E-mail info@cdl.ne.jp
    CDLバナー